代表プロフィール

所長 千葉 幸恵(ちば さちえ)

【資格】
社会保険労務士
精神保健福祉士
キャリアコンサルタント(国家資格)
第一種衛生管理者
社会福祉士
メンタル心理カウンセラー

所長の私は、幼い頃から個性が強く自分の考えをはっきりと持った子供でした。

その結果幼稚園という集団行動の時から、自分の気持ちを表現したり、個性があると言うことは生きにくいものだ、自己主張をしてはいけないと感じており、長らく「個性」を隠して大人しく生きておりました。

ところが社会に出てみれば、会社と言う組織に属してみても、責任を持って仕事をすること、社会の中で人との関わりの中で生きていくには、どこからみても個性のない人間では、現代社会の未来はないことに気が付きました。

制約のある人もない人もその人らしく活き活きと生き、働くということは今はとても難しい世の中になっているとも思います。
なぜなら、従来の働き方は男性中心で、古い労働システムの下に成り立っているからです。
私もまた、片道1時間半の異動に耐えられず、その評価が2年間ついて回り、非常に悔しい想いをしたことがあります。

評価をするにあたっては公平性、透明性などの基準がありますが、単に働く時間が短いから評価が低い等、働く仕組みや種々の制度を変えていかなければ、依然として生産性が低いままで、日本の未来はないと思っています。 日本の資産はとにかく「人財」だと思っています。

その人財を、健康寿命=平均寿命にし、いくつになってもその人らしく社会の中で活躍できるそういう日本にしたいです。そして誰もが活躍できる働く仕組みやサポート体制を作るお手伝いが社会保険労務士の仕事であると考えています。

私は日本の未来を憂い、人を財として真剣に思う、地域に長く愛される企業の方と対等の関係で末長くお仕事を一緒にしたいです。
また、社員や会社を心底大事に思っているけれど、伝え方や生き方が不器用だなと思われる孤独になりがちな経営者の方からも依頼をいただけたらと考えております。

ページトップへ