ストレスチェック

ワンストップでストレスチェックから職場復帰支援まで

ストレスチェック制度は、労働者が50人以上の事業所において実施が義務化されています。

メンタルヘルスケアや人間関係が原因で不調になるのは、企業規模に関係ありません。
「社員の健康を心身ともに守る」健康第一の経営を真剣に考える時代です。

ストレスチェックとは

ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。

労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。

ストレスチェックの流れ

ページトップへ