15分の1であたるとしたら欲しいもの!?

2019.01.25

 毎月勤労統計の騒ぎでどうも待っている
平成29年度【患者調査結果報告】はもう少し後になりそうですね。

 何を待っているかというと、
「うつ病」「メンタル不調者」の数。

 2017年にWHO(世界保健機関)が出したデータだと
日本のうつ患者数推定【506万人!!】

厚生労働省が出している平成26年患者調査では
【112万人】だから4.5倍も多い!!!

この数字の違いはどうして起きるかというと、
112万人は実際に医療機関を受診した人の数だからなんですね。

 アメリカでは4人に1人がうつになるって言われてるけど、
そのアメリカの人口比率は6%だから、日本の15人に1人(4%)って
やっぱり数字が少ない気がするんですよ。

 それでも中国に続いて日本はアジア・オセアニアの
№2ですから今後もうつ患者数は減る見込みがなく
増える一方なのでなんとかしないといけないですね。

 「うつで死ぬ人はいない」
「15分の1で当っても薬飲めば治る」
というのがそもそもの間違い。

 がんになったら命の危険があるのと同じように
うつも自殺につながる主要因だし、再発率はめちゃくちゃ
髙いんですよね。
(2回目は5割、3回目は7割と嬉しくないことに
再発すればするほど再発しやすくなる)

 
 知れば知るほど怖くなってきたかもしれませんね?
だけど、うつは【生活習慣病】だから治る『(寛解)』
『予防』できるとしたら!?どうしますか。

 甘んじて15分の1をひいて、
当ってしまった事をくやみつつ毎日を過ごしますか?

 もしちょっとこのコラムを読んでひかれるものがあったと
したら、何か気になる事があったのかもしれませんね。

 添付に幸せホルモン度チェックリストをつけてあります。
どういうことを気にしてみると予防になるのかのヒントになるでしょうか。

 あたってあまり嬉しいものではないので、
【予防】の感覚で楽しく取り組めるうちにやってみてください。

 治療になると、30分やらなきゃ、毎日続けなきゃ!
    ↓
 できなかった、私って駄目ね、うつだし仕方ない。
とこうしてうつはドツボにはまってしまいます。

 その点予防なら10分やった楽しい。
今日はできなかったけど7分の5もできたからいいわ!
すごいじゃない、私!になりますね。

 日々の健康はインフルにかかった時のように、
健康な時にはありがたさに気づきにくいもの。

 ということで人生100年時代を楽しく生きていくヒントに
なったら幸いです。


 

 
 

 

資料データ

リンク

ページトップへ