待ちわびているもの

2019.01.04

 新年あけましておめでとうございます。

 年始最初のコラムはただ今心と人の専門家、
千葉幸恵が待ちわびているものです。

 それは何かと言うと、
「患者調査 平成29年度調査」の結果です。
かなりおもしろいものを、待ってるんだなという
印象でしょうか。

なぜにそのような調査を首を長くして待っているかといいますと、
ここにはうつ病の患者さんが今どの程度いるかがわかる数値が入っているからです。

 私は企業のメンタルヘルス不調者を減らす研修や
産業保健の1ストップ、人間関係をよくする研修が得意です。

なので、日本にどの程度メンタル不調の人がいるのか、
その推移経過を知ることはとても大事ななのです。

 そもそもこの患者調査は、3年に1回の調査なので
前回は26年でその結果がが公表されたのが12月17日。

なので、今回調査も12月中には公表されるのかと思い
厚生労働省の新着をチェックしていたのですが年内はありませんでした。

 調査結果案というページを見つけることは出来たのですけれども.....。

 まだ公表できないのですが、2月にある所に寄稿する原稿に
最新のデータを使いたいこともあり待ってるのです。

 私の流れとその記事を読んでくださる皆さまに、
最新のホットな話題がさりげなく提供されているのが
新年早々プレゼントだねって感じます。

 最新情報をいち早く、提供できるのもその情報に
アンテナが立っているからこそです。

 調査結果が出て、寄稿記事が出ると一度に説明したものを
コラムで読みやすくご紹介することができるのです。

タイミングよく皆様にお伝えできると感じております。

どうぞ楽しみにお待ちください。

 
ページトップへ