キャリア教育の準備に必見「知って役立つ労働法~働くときに必要な基礎知識~

2018.05.11

 9日に厚生労働省より、
「知って役立つ労働法
~働くときに必要な基礎知識~」のリーフレット
(全体66P)が掲載されました。

 この時期、高校生、大学生の方が
アルバイトを始めようか考えたり、実際に
アルバイトを始められる方も多いでしょう。

 働くときのルール、
「こんな指示をされたけど、
最初はそんな話聞いてないけど、
やったほうがいいの?」など、
実際に始めてみたら、わからない、困った
ということも沢山あるかと思います。

 会社の方も、
実は知っているようで、知らずに
労働法違反になってしまった!!
ということが多いのも、実は、
「労働法」に関係することです。

 労使双方が、
気持ちよく長く働いてもらえるよう、
働けるようお手伝いをいたします。

 大学生の新卒採用に関わる就職活動と並行して、どんな所で働き、
どのように生きていくのかを考える際にも、
内定が出る前に知っておいたほうがよいこともあります。

 このままのテキストですと、全く内容を知らない方が読んでもちんぷんかんぷん。
しかも、読み始めたら眠くなってしまいそうですね(笑)

 そこを、「簡単に」「わかりやすく」ご説明
できるのが、職業訓練校講師の実績がある私の仕事でもあります。

 これから、アルバイトを雇う企業の方だけではなく、キャリア教育の一環として、これから
学生として、社会の中で「働く」にあたって、「知らなかった」ではなく、活きた知識として
知っておいた方がよいことを、身につけていただけるよい時期です。

 高校、大学、企業問わず、
キャリア教育(仕事だけでなく、キャリアは人生そのものを指します)に欠かせない,
知って役立つ労働法を、大事な生徒さん、
社員さんに改めてお伝えする機会はいかがでしょうか。

 セミナー、研修のご相談を承ります。
どうぞご相談ください。

 この資料は、英語版、中国語版もあり、
多様な働き方、多様性のある人が働く社会になってきていることも反映されています。



 

リンク

ページトップへ