熱中症に大警戒を!熱中症1ポイント講座-労災防止・啓蒙ー

2018.05.08

 千葉県は、土砂降りの雨と急激な気温低下のこの2日間。
GW明けで、各地でお仕事の方も多いと思われます。
この7日から10日までの間は、
3月程度の寒さまで気温が【低下】。
最高でも【20度未満、届かず】

週末以降の12日は、曇りの日もあるけれど、
平均して【25度を超えそう】

 【気温差5℃以上だと熱中症になりやすい】
 数日の気温低下から、週末後の気温上昇差は、
各地で【5℃から10℃前後】。

暑い日が続いた場合に、体が暑さに慣れるまで
【8日】かかります。
-これを順化といいますー

体が暑さに慣れるまでに、涼しい日が入ると、
順化が進まずリセットになってしまいます。

ですから、GW前半に暑い日が続いていたのですが、
そこで慣れた体の暑さへの対応は、リセットされて
しまっています。

 なので、25℃という気温は、そう急激な上昇温度に
感じないかもしれませんが、連日【5℃以上】気温があがる
時には、体が暑さに慣れるまでの8日間は特に、
【水分補給】【空調管理】にご注意ください。

 【熱中症予防時の水分とは】
 『カフェインの含まれていない飲み物』です。
麦茶、お水、ルイボスティー、十六茶など

コーヒー、紅茶、緑茶にはカフェインが入っているため、
体の外に水分を出す作用があります。
ご注意ください。

 熱中症に関しては、
【若いから大丈夫】
【室内にいれば大丈夫】
ということがありません。

体が暑さに慣れていなければ、
誰でもなってしまう可能性があります。

特に、火の側で長く仕事をする、
倉庫などで作業をされるなど、
暑さや熱がこもる場所でお仕事や作業をされる方は、
ご注意ください。

 労災の防止、及び脳細胞を破壊してしまわないよう、
心身共に健康で従業員の皆さま、ご家族さまが過ごせますよう
情報提供を致します。

 当事務所では、熱中症予防対策及び
・秋を迎える前【うつ予防】
・簡単にできるメンタルヘルスケアと食育
安全衛生管理もご相談をたまわれる
事務所です。

どうぞ、ご相談ください。
 

リンク

ページトップへ