「労働時間改善指導・援助チーム」が労働基準監督署に設置になります

2018.03.27

 4月1日より、全国の労働基準監督署に「労働時間相談・支援コーナーが設置されます。

このコーナーは、主に中小企業の事業主を対象に窓口と電話で相談を受け付けます。

・時間外・休日労働協定(36協定)を含む労働時間制度全般に関する事

・変形労働時間制などの労働時間に関する制度の事
・長時間労働の削減に向けた取組に関する事

 「働き方改革」に向けて、労働基準監督署でご相談を受けると共に、もう一つチームができます。

もう1チームは、「長時間労働を是正するための監督指導」

 自社の働き方を考えたり、改善する際に
「人手不足、資金力がない」
「うちは中小企業だから手の打ちようがない」
というお声も聞こえます。

 実は、中小企業の経営者様、
大企業よりも改革に取組やすいことご存知でしょうか。

「改革」をしようとする時に、トップダウンではなく、
現場の中から出る声、主体性を取り入れることが重要です。

当事務所はワンストップでご相談にのることができます。

監督署から指導を受ける前に、長時間労働のみならず、現場の声をきく、仕組みに取り入れ、
会社が丸ごと健康になるような経営のお手伝いを当事務所はいたします。


 どうぞご相談ください。

リンク

ページトップへ